FXの逆張りのメリット・デメリット【長所・短所】【初心者向け】

スポンサーリンク

FXはトレンドに沿ってエントリーすると勝率が上がると言われています。
トレンドに沿ってエントリーすることを順張りと言います。

トレンド相場については、次の記事が参考になると思います。
良ければ見ていってください。

FXの上昇トレンド・下降トレンドの基本【トレンド相場】【初心者向け】
FXの値動きにはトレンド相場とレンジ相場の2種類があります。トレンド相場とは、一定の方向性がある相場のことを言います。対してレンジ相場とは方向性が無く上がったり下がったりを短いスパンで繰り返す相場のことです。値幅がそのまま利益になる...

反対にトレンドに逆らう方向にエントリーすることを逆張りと言います。
逆張りは勝率が低くダメなトレードとされています。
基本的にはそのとおりなのですが、逆張りの危険性を理解したうえで逆張りのメリットを活かしてトレードするには有効だと考えます。

逆張りのメリットやデメリット、逆張りが有効なケースを考えていきたいと思います。

FXの逆張りのメリット・デメリット

逆張り

逆張りのメリット

  • 損切りを近くに置ける
  • 決着が早い

損切りを近くに置けるというのが最大のメリットです。
リスクリワードのリスクを最小限に抑えることができます。うまくやれば数pipsの損切りで済むエントリーをすることができます。

決着が早いのもメリットの1つです。
基本的に決済の波に乗ることになるのでスルスルと伸びていきます。

逆張りのデメリット

  • 勝率が悪い
  • 利益が伸びにくい

トレンドに逆らうことになるので、必然的に勝率が悪くなります
また、利益確定の決済注文や逆張り注文しか期待できないため、利益が伸びにくくなります。どこまで伸びるかの判断も状況に応じて自分で行うしかありません。

逆張りが有効なケース

意識されている値段で反転したタイミングでのエントリーが有効です。
具体的には、レジスタンスラインやサポートラインに引きつけてからの逆張りになります。

逆張り例1

例えば、上記のようにレジスタンスラインからの反転を確認してエントリーします。
ロング勢の利益確定売りを利用してエントリーします。

逆張り例2

ダブルトップダブルボトムが作られるのを待つことで勝率が上がります。
ダブルトップやダブルボトムが作られることで、ラインが意識されていること、2回試してブレイク出来なかったことが証明されたことになります。そのため、エントリーの方向に動きやすくなります。
勝率は上がりますが、ダブルトップやダブルボトムが作られない場合もあるためチャンスを逃す場合もあります。チャンスを取るか勝率を取るかの判断が必要です。

逆張り例3

一番勝率が高い逆張りは、ダブルトップやダブルボトムを待ち、かつ高値切り下げや安値切り上げを待つことです。ただし、勝率が上がる代わりに損切り位置が遠くなってしまいます

まとめ

逆張りはデメリットも多いですが、損切り位置を近くに置けるという最大のメリットがあります。また、反転を狙うエントリーになるので上手く行けば天井や底を取れることにもなります。ただし、あくまでも逆張りなので、欲張らずに薄利でも決済することも大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました