FXで自分が破産しないか心配している人【これさえ守れば大丈夫】

FXに興味があっても、少し調べるだけでネガティブな言葉で溢れかえっていますよね?
例えば、次のような言葉です。

  • FXで自己破産した
  • FXで借金を背負った
  • FXで人生が狂った
  • FXで地獄をみた
  • FXで離婚した

こんな言葉を見ると、「FXは怖いもの」「FXは悪いもの」「やってはいけないもの」と思い込んでしまいます。
まだ、試してもいないのに「やりたくない」という結論になってしまいます。

いくつかのポイントにさえ気をつければ、FXは怖いものではありません。
今回は、FXで破産や大きな損失を出さないために、守るべきことを考えていこうと思います。

FXで自分が破産しないか心配している人

国内FX会社でトレードする

FX会社を大きく分けると、国内FX会社と海外FX会社の2種類があります。
FXのトレードに慣れるまでは、国内FX会社でトレードしましょう。

国内FX会社と海外FX会社の大きな違いとしては、レバレッジの大きさです。
レバレッジとは、自分の資金に比べて何倍の通貨量をトレードできるかの倍率です。
例えば、レバレッジ10倍だと、10万円の資金で100万円分の通貨量をトレードできます。

国内FX会社だと最大でレバレッジ25倍、海外FX会社だと最大でレバレッジ3000倍という桁違いのレバレッジを掛けることが出来る会社があります。
レバレッジが大きい方が、大きな利益を出せる反面、大きな損失を出す危険性があります。

破産や大きな損失を受けないためには、国内FX会社の小さなレバレッジを使いましょう。

FXの口座に全てのお金を入れておかない

FXでトレードをしていると、資金が増えたり減ったりが繰り返されることになります。
すぐ熱くなる人だと、口座に入っている資金を全て使ってトレードしてしまうかもしれません。
もしもの時のためにも、FXの口座には少なめの資金を入れておきましょう。

資金が増えたら、すぐ出金してしまうという方法も有効です。

損切り注文を入れておく

FXでは、あらかじめ損失額を自分で決めておくことが出来ます。
例えば、3,000円分の損失を出したらトレードを中止したい場合、「損切り注文」を3,000円分の損失が出るところに置いておくことで実現できます。

この、損切り注文を出していないければ、どんどん損失が膨らんでしまう可能性があります。
FXで大きな損をする人は、この「損切り注文」をしていない人に多いです。

許容できる限度額に損切り注文

怖がらずにFXを試してみましょう

今回は、破産や大きな損失を出さないためのポイントが3つありました。
この3つを守るだけで、破産や大きな損失の心配は無くなります。

必要以上に、FXを怖がることはありません。
FXは、「もうやらない」といつでも辞めることも出来ます。
まずは、FXのトレードを試してみることをオススメします。

まとめ

  • FXを調べると、ネガティブな言葉で溢れている
  • いくつかのポイントにさえ気をつければ、FXは怖くない
  • レバレッジの小さい、国内FX会社でトレードする
  • 熱くなる人は、FXの口座に全てのお金を入れておかない
  • 損失を自分で決めることが出来る「損切り注文」を入れておく

コメント

タイトルとURLをコピーしました