FXのレバレッジ25倍とは何なの?を分かりやすく解説【初心者向け】

スポンサーリンク

私はレバレッジという言葉はFXを勉強して初めて知りました。

見慣れない言葉ですが、FXをするうえで覚えておきたい言葉の1つです。

FXのレバレッジ25倍とは何なの?

国内FX会社のレバレッジは25倍が一般的です。海外FX会社は100倍〜3000倍という桁違いのレバレッジのFX会社もあります。

この「レバレッジ25倍」とは一体何なのかを見ていきましょう。

レバレッジとは

レバレッジの解説で良く使われるのが「テコの原理」です。

テコの原理のように少ない力で大きな物を動かすというイメージですね。

つまりFXのレバレッジとは、少ない資金で大きな通貨量を取引できるということです。

国内FX会社のレバレッジ25倍というのは、自分の資金に対して25倍までの通貨量を取引できるということになります。

どれくらいの資金でどれだけの取引ができるの?

結局どれくらいの資金でどれだけの量の通貨を取引できるかが大事ですよね。

例えば、ドル円が100円の時に1万通貨を買うためにはいくら必要か考えてみましょう。

レバレッジを考えずに普通に買う場合は「100万円」が必要です。

100円 X 10,000通貨 = 1,000,000円

次にレバレッジ25倍の場合は25分の1の資金で良いので「4万円」あれば買えることになります。

(100円 X 10,000通貨) / 25レバレッジ = 40,000円

資金よりも25倍も多い通貨量を取引できるというのがレバレッジ25倍ということです。

実際はもう少し複雑

じゃあ、4万円あれば1万通貨の取引ができると考えてしまいがちですが、実際はもう少し複雑です。

上記は簡単にするための例でしたが、実際のレバレッジはもっと複雑な計算がされています。理由は通貨の値段が常に変わっていくためです。例えば、100円の時に買ったドル円が99円に下がった場合に必要な資金は「39,600円」となります。

(99円 X 10,000通貨) / 25レバレッジ = 39,600円

4万円より安い資金でも買えるようになっだけなので一見問題なさそうですよね。

ところが問題大ありで、1万通貨を100円で買ったドル円が99円に値下がりしているということは含み損になっている状態です。含み損の金額は「1万円」となります。

 (100円 – 99円) X 10,000通貨 = 10,000円

含み損が1万円になので、4万円しか資金が無い場合は「4万円 – 1万円 = 3万円」となります。つまり「3万円」が有効な資金となります。

3万円の資金では99円のドル円1万通貨(39,600円)を買えないため、強制ロスカットになってしまいます。

レバレッジを最大限に利用すれば資金の25倍の通貨量を取引できるというメリット。 しかし最大限のレバレッジを使ってしまうと少しの含み損で強制ロスカットされてしまうというリスクも同時にあります。

レバレッジは最大限利用するのではなく、少し余裕を持たせて利用しましょう。

証拠金維持率を確認すれば大丈夫

レバレッジの計算は含み益や含み損を抱えた時に複雑になります。

これを都度計算するのは大変なので、各FX会社「証拠金維持率」というパラメーターを用意してくれています。

例えば、FX会社によって違いますが「証拠金維持率が100%を下回ったら強制ロスカットになる。」というルールであれば、リアルタイムで変動する証拠金維持率が100%を下回らないように注意すればOKです。

購入したい通貨量がレバレッジ25倍の範囲内かをザックリと計算して、通貨取引後は証拠金維持率に注意しておくというやり方が簡単だと思います。

ただ、レバレッジを25倍フルに利用すると少しの値動きで強制ロスカットになるということに変わりはありません。

慣れないうちは余裕を持ったレバレッジで取引しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました