FXのスプレッドはいつ引かれるのか?【いつ払ってる?】【初心者向け】

FXのスプレッドはいつ引かれるのか?

スプレッドとは?

スプレッドとは、FXでの実質的な手数料です。
スプレッドは、「0.3」や「0.8」などの数値で設定されています。この数値は、取引画面を見れば確認できるようになっています。

スプレッド

上の例であれば、スプレッドは「0.3銭」ということになります。
0.3銭は1通貨を取引した場合にかかる手数料です。1万通貨取引した場合は、「0.3銭 X 10,000 = 30円」となります。スプレッドは、通貨ペアごとに設定されていて、FX会社によっても違ってきます。

スプレッドはいつ引かれているのか?

では、スプレッドはいつ引かれているのでしょうか?
スプレッドが手数料なら、どこかで支払っているはずですよね?

結論から言えば、スプレッドは、エントリーした時に評価損益に反映されて、決済した時に証拠金に反映されることになります。

例えば、スプレッドが0.3の通貨ペアを、1万通貨買って値段が動く前に決済したときの動きを考えてみましょう。

  1. スプレッドが0.3の通貨ペアを1万通貨を買う
  2. 評価損益が-30円になる(スプレッド分が引かれている)
  3. 値段が動く前に決済
  4. 評価損益が確定して、-30円が確定する

まとめ

  • スプレッドは、エントリーした時に評価損益に反映される
  • そして、決済した時に証拠金に反映される

取引通貨量が増えてくると、スプレッドの金額が高額になってきます。優位性の高いエントリーに絞り込んで、無駄なトレードを減らしていくことが利益につながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました