FXの優位性のあるところでエントリーしよう【初心者向け】【トレード】

スポンサーリンク

FXで良いトレードをするためには「チャンスが来るまで待つ」ということを聞いたことがあると思います。FXの初心者だった私は「チャンスが分かれば苦労しないよ」と思っていました。

ここで言う「チャンス」とは簡単に言えば「優位性があるところ」になります。
つまり、FXで勝ちたければ優位性があるところでのエントリーを繰り返せば良いということになります。

極論、優位性の判断は人によって異なります。
今回は「一般的に優位性が高いと言われているところ」をご紹介しようと思います。

FXの優位性のあるところでエントリーしよう

押し目、戻り目

押し目買い

戻り売り

 

押し目買い戻り売りは優位性の代表格です。
トレンドに乗るという事と調整波の終わりを待って、次の推進波でエントリーするという優位性があります。
注意点としては、トレンドが出ている相場である必要があります。
押し目だと思ってエントリーしたが、よく見たらレンジ相場だったなんてこともあります。

トレンド相場の基本については、次のリンク先の記事で説明しています。
良ければ見ていってください。

FXの上昇トレンド・下降トレンドの基本【トレンド相場】【初心者向け】
FXの値動きにはトレンド相場とレンジ相場の2種類があります。トレンド相場とは、一定の方向性がある相場のことを言います。対してレンジ相場とは方向性が無く上がったり下がったりを短いスパンで繰り返す相場のことです。値幅がそのまま利益になる...

ラインブレイク

ラインブレイク

ラインブレイクも優位性があります。
意識されて、何度も止められている値段を突破したという事実から相場の勢いが強いことを証明しています。その勢いに乗って利益を伸ばしていける可能性が高いです。

ラインの引き方については、次のリンク先の記事で説明しています。
良ければ、こちらもご覧ください。

まずはFXのチャートに水平線を引いみよう!【初心者向け】
FX初心者はチャートが読めるようになろう!と良く聞きますが、具体的に何をすれば良いのか、さっぱり分かりませんよね?(私は分かりませんでした)そんな方は、まずは水平線を引くことから始めてみてはいかがでしょうか?水平線を引くことで、...

ラインブレイク後の押し目、戻り目

ラインブレイク後の押し目

ラインブレイク後は利確の反対注文や、逆張りトレーダーからの注文が入ることが多いです。その勢いが強いと、再びライン内に押し戻される可能性があります。その可能性を考慮して安全にエントリーしようとした場合、押し目や戻り目を待ってからエントリーするべきです。より優位性のあるエントリーポイントになります。

注意点としては、ライン突破後に押し目や戻り目をつけず、どんどん伸びていくこともあります。その場合はエントリーチャンスを逃すことになります

チャンスを取るか、安全を取るかはトレーダーによって意見が分かれるところです。

レンジ内反転後の逆張り

レンジ内反転後の逆張り

FXでは、レンジ相場になることが多いです。
特に取引量が少ない時はレンジ相場になりやすいです。
取引量が少ないのでラインを突破する力も少ないと考えられます。

そのため、レンジ相場では重要な価格を突破できない事が多く、一定の価格内を行ったり来たりしています。
それを利用して逆張りをするのがレンジの中では有効です。

レンジブレイク

レンジブレイク

取引量が増えてくるとレンジをブレイクすることがあります。

一般的にレンジの時間が長ければ長いほどレンジブレイクの勢いは強くなると言われています。レンジのすぐ外側に損切り注文が溜まっているからだと言われています。

レンジ相場については、次のリンク先の記事で説明しています。
良ければ、こちらもご覧ください。

FXのトレンドが出ていない相場【レンジ相場】【初心者向け】
FXの値動きにはトレンド相場とレンジ相場の2種類があります。今回はレンジ相場についてお話したいと思います。トレンド相場については、以下でお話しているので良かったら見ていってください。レンジ相場はトレンド相場では無いとき全般を指し...

レンジブレイク後の押し目、戻り目

レンジブレイク後の押し目

レンジブレイクも勢いが弱いと、決済注文や逆張りで押し戻される事があります。
再びレンジの中に押し戻されて、レンジ相場に戻ってしまう「だまし」と呼ばれるものですね。その「だまし」を警戒するならば、押し目や戻り目を待ってからエントリーしましょう。優位性が高まります。

ネックブレイク

ネックブレイク

レジスタンスラインやサポートラインで何度も止められていると、ネックラインが出来上がります。そのネックラインのブレイクでエントリーします。

ラインへのアタックが失敗すればするほど「このラインは越えられない」と判断するトレーダーが増えます。ラインを越えられないなら値段は戻っていくしかありません。

ネックブレイク後の押し目、戻り目

ネックブレイク後の戻り目

ネックブレイクにも「だまし」はあります。
警戒するなら他のブレイクと同様に押し目や戻り目を待ってエントリーしましょう。

まとめ

押し目や戻り目、ブレイクを判断する時間足が重要です。
例えば、1分足ではブレイクしていても5分足ではヒゲになっていた場合は「ブレイクしていない」と判断するトレーダーの方が多いと思われます。

一般的に長期足の方が信頼性が高いです。

私のオススメは1時間足です。1時間足を見ていないトレーダーは恐らく少数なので、1時間足を意識しているトレーダーは多いはずです。

ただ、1時間足の確定までは待っていられないというトレーダーも居ると思います。
その場合は、自分に合った時間足で優位性の判断をしましょう。
どの時間足で判断する、ということもトレーダーによって違ってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました