FXの三角保合いを利用したエントリー【フォーメーション】【初心者向け】

スポンサーリンク

FXの三角保合いを利用したエントリー

三角保合いとは

三角保合いとは、高値が下がり続け、安値が上がり続けてるという値動きを繰り返した結果、トレンドラインが三角形に収束していくチャートパターンです。

売り手と買い手の攻防が激しく、なかなか決着が付かない時に起こることが多いです。
どちらに抜けるかを予想することは出来ませんが、抜けた方向に大きく動きやすいという特徴があります。

三角保合いの中では、値段が不規則に動きやすいため、エントリーは避けたほうが賢明です。
また、早いタイミングで三角保合いに気付くことで、不要な損失を回避できます。

三角保合い

三角保合いでのエントリータイミング

ブレイク

ブレイクでエントリー

三角保合いをブレイクしたタイミングでエントリーします。
エントリー足の確定まで、待つかどうかの判断が難しいです。
値動きが少ない時間帯なら、エントリー足の確定まで待った方が良いでしょう。

ブレイク後の押し目・戻り目

ブレイク後の押し目・戻り目でエントリー

ブレイク後の押し目・戻り目を待ってからエントリーします。
だまし」を回避できる反面、エントリーチャンスを逃す可能性も高いです。

まとめ

  • 三角保合いとは、高値が下がり続け、安値が上がり続けてるという値動きを繰り返した結果、トレンドラインが三角形に収束していくチャートパターン
  • トレンドラインのブレイクのタイミングでエントリーした場合、エントリー足の確定まで待つかどうかの判断が必要。
  • トレンドラインのブレイク後の押し目・戻り目を待つ場合は、「だまし」を回避できる反面、エントリーチャンスを逃す可能性も高い

コメント

タイトルとURLをコピーしました