FXの時間足は何分足を使えば良いのか?【初心者向け】

スポンサーリンク

トレードに、どの時間足を使うかを悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

私も最初は悩んでいました。1分足や5分足だと小さいし、15分足や1時間足だと大きすぎる気がしていました。

結局は自分でトレードしやすい時間足を見つけていくしか無いのですが、そう言われても困りますよね。今回は、トレードで使う時間足について、私の使い方をご紹介しようと思います。時間足についての考え方は参考になると思いますので、良ければ見ていってください。

FXの時間足は何分足を使えば良いのか?

3つの目的に合わせて時間足を使い分ける

3つの目的に合わせて時間足を使い分けるという方法をオススメします。
3つの目的とは「環境認識」「エントリー判断」「エントリータイミング」です。1つずつ説明していきたいと思います。

環境認識

環境認識とは、いまの相場の状況を大きな時間足で確認する作業のことです。

私は、この環境認識を4時間足と日足で行っています。トレードをする前には、必ず環境認識をして、相場の現在位置を確認するようにしています。例えば、現在は上昇トレンドだなとか、ハラミ足の中でレンジになっているな、などの現在位置を確認しています。

エントリー判断

エントリーをするかしないかの判断には、1時間足を利用しています。

例えば、レジスタンスラインをブレイクすればロングでエントリーするというルールの場合は、1時間足の確定を待ちます。1時間足が確定した時に、足の実体がレジスタンスラインをブレイクしていれば、レジスタンスラインをブレイクしたと判断します。

1時間足は、トレードスタイルに関わらず、すべてのトレーダーが意識している時間足です。そのため、ブレイクしたかどうかの判断を1時間足で行っています。

エントリータイミング

1時間足でエントリー判断をした後、5分足でエントリータイミングを計ります。

例えば、押し目を待ってエントリーするというルールの場合、5分足で押し目が作られるのを待ってからエントリーします。

まとめ

時間足は、自分の好きなものを使えばOKです。

目的別に複数の時間足を使っていくことをオススメします。目的は「環境認識」「エントリー判断」「エントリータイミング」の3つです。

上記の例は、デイトレーダーの私が利用している時間足になります。自分のトレードスタイルに合わせて、最適な時間足を探してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました