FXで値段が動きやすくなる時間帯は?【初心者向け】

スポンサーリンク

1日中休みの日だと「今日はFXをするぞ」と朝から張り切ってしまいますよね。でも、いざモニターの前で待っていても一向に値段が動いてくれません。結局、値段が動き出したのは21:00を過ぎてから、なんて経験はありませんか?

FXで値段が動きやすくなる時間帯は?

FXは24時間取引ができますが、全ての時間帯で値段が活発に動いている訳ではありません。値幅が利益に直結するFXでは、値段が動いてくれないとどうしようもありません。

今回はFXで値段が動きやすくなる時間帯をまとめてみました。

FXの世界三大取引市場

外国為替市場では三大取引市場が開いている時に値段が動きやすくなります。

三大取引市場とは「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」のことです。

東京市場:9:00〜15:00

日本人には一番馴染みが深い東京の市場です。

三大取引市場の中では一番参加者が少ないとされている市場です。

この時間帯によく取引される通貨はクロス円が多いです。

また、祝祭日など休場になることも多々あります。

祝日にトレードしようと思っても東京市場が休場なので、この時間帯は値段があまり動いていないということが多々あります。

ロンドン市場:16:00〜24:00

ヨーロッパの中心市場であるロンドン市場が開きます。

ユーロ、ポンドの値段が良く動きます。

また、ロンドン市場には、早出組と呼ばれる投資家がおり、実際は1時間早い15:00から値段が動きやすくなることが多いです。

東京市場の損切り注文を狙った動きをすることがあるため注意が必要です。

15:00直前や16:00直前のエントリーは控えたほうが良いかもしれません。

ニューヨーク市場:21:00〜6:00

アメリカのニューヨーク市場が開きます。

ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる21:00〜24:00が一番活発に値段が動きます。

アメリカの経済指標の発表が多くあります。

米ドルは世界の基準通貨なので多くの通貨に影響があるので注意が必要です。

注意事項

ヨーロッパやアメリカには冬時間というものがあります。

冬時間になると市場の時間が1時間繰り下がるので注意が必要です。

例えば、冬時間のニューヨーク市場は22:00〜7:00になります。

冬時間は11月第1日曜日の2:00〜3月第2日曜日の2:00までです。

仲値決め:9:55

日本の銀行や金融機関には外貨を使った金融商品や外貨両替の業務などがあります。

それら商品にリアルタイムでレートを適用するのは効率が悪いため、その日1日はこのレートで行きましょう。というその日の基準レートがあります。

その基準レートを仲値と呼びます。

その仲値は9:55に決まるため、その時間の直前になると少しでも自分たちに有利な価格にしたい機関投資家同士の攻防が起こります。

重要な経済指標の発表:指標により違う

各国の経済指標の発表時も値段が大きく動きます。

発表前からのエントリーはギャンブル性が高いため、発表後に方向性が決まってからのエントリーが良いと思われます。

経済指標については次の記事でも触れています。

FXの経済指標発表の時間帯はトレードしない方が良い【経済指標とは】【初心者向け】
FXは各国の通貨ペアを売買する取引です。通貨ペアは、その国自身や通貨ペア先の経済状況により値段が変動します。例えば、「ドル円」の場合「アメリカの経済状況」「日本の経済状況」により値段が変動します。経済状況は各国で常に変動している訳で...

まとめ

ロンドン市場とニューヨーク市場の両方が開いている時間帯である21:00〜24:00が、最も値段が動く時間帯になります。

東京市場では動かないことが多いので、値段が動く時間帯にトレードしたいのであれば、ロンドン市場が開く15:00以降が良いでしょう。

経済指標の発表の時間帯に注意しながらトレードしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました