FXのトレード回数が増えれば手数料も高くなる【スプレッド】【初心者向け】

スポンサーリンク

FXの手数料はスプレッドですよね。

今だとスプレッドはドル円であれば、0.3銭ぐらいのFX会社が多いです。

0.3銭なんてメチャメチャ安いイメージですが、実際自分が1ヶ月にどれくらいの手数料を支払っているか知っていますか?

今回はFX会社に支払う手数料であるスプレッドについてのお話です。

スプレッドについては次のリンク先で説明しています。

FXの取引には手数料が不要?【初心者向け】
FXの手数料株取引であれば会社によって手数料が明確に決まっています。FXの場合だと「手数料無料!」と宣伝されていることもあります。実際はどうなっているのでしょうか?結論から言えば、FXにも手数料はあります。ただし「手数料」という...

FXのトレード回数が増えれば手数料も高くなる

FXの手数料であるスプレッドはエントリーと同時に反映されるため「手数料」として認識することは少ないですよね。

実際はどれくらいの手数料が掛かっているのかを見ていきましょう。

1回のトレードで掛かる手数料

1回のトレードで掛かる手数料の計算は簡単です。

「スプレッド X 取引通貨量 = 手数料」です。

ドル円の場合

ドル円はどのFX会社でも最安のスプレッドにしていると思います。

今だと0.3銭にしているところが多いですよね。

例えば、スプレッドが0.3銭のドル円を1万通貨取引した場合の手数料は次のとおりです。

0.3銭 X 10,000通貨 = 30円

トレードに慣れてきて5万通貨を取引した場合は手数料も5倍になります。

0.3銭 X 50,000通貨 = 150円

ポンド円の場合

大きなボラティリティが魅力のポンド円です。

好んでトレードしているトレーダーも多い通貨ですよね。

私が利用しているFX会社だとスプレッドが0.8銭になっているので0.8銭で計算してみましょう。

スプレッドが0.8銭のポンド円を1万通貨取引した場合の手数料は次のとおりです。

0.8銭 X 10,000通貨 = 80円

5万通貨を取引した場合は手数料も5倍になります。

0.8銭 X 50,000通貨 = 400円

1ヶ月のトレードで掛かる手数料

では1ヶ月でどれくらいの手数料になっているのかを考えていきましょう。

トレード記録を付けている人は自分で取引回数を把握していると思います。

私も記録を付けています。トレードを始めた月が一番トレード数が多くて、何と100回ぐらい取引してしまっていますね。これは今考えると多すぎますね。

今回はその100回で計算してみましょう。

ドル円の場合

1万通貨:0.3銭 X 10,000通貨 X 100回 = 3,000円

5万通貨:0.3銭 X 50,000通貨 X 100回 = 15,000円

ポンド円の場合

1万通貨:0.8銭 X 10,000通貨 X 100回 = 8,000円

5万通貨:0.8銭 X 50,000通貨 X 100回 = 40,000円

取引回数を減らして手数料を安くしよう

初心者のうちは値動きの多くがチャンスに見えてしまうので、取引回数が多くなってしまいがちです。

実際は後で考えるとチャンスでも何でも無く無駄なトレードなことが多いですよね。

取引回数が多ければ多いほど手数料を多く払うことになります。

勝ちトレーダーはトレード回数が少ない人が多いです。そこからもトレード回数が多ければ利益につながる訳ではないということが分かります。

無駄なトレードを減らし勝ちトレードの割合を増やすことで勝ちトレーダーへ一歩近づくことができると思います。また、トレード回数が少なくなれば支払う手数料も減ってお得です。

まずは無駄なトレードを減らしていくことが勝ちトレーダーにつならるのではないでしょうか?勝ちトレーダーを目指して一緒に頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました