FXのエントリーポイントが分からない人はトレードしないところを決めよう【初心者向け】

スポンサーリンク

FXで勝つのは簡単で「有利なところでのみエントリーすれば良い」「分かるところだけやれば良い」ということをFXで勝っているトレーダーの方が良く言われています。

まさしくそれがFXで勝つための答えだと思うのですが、私には「有利なところ」「分かるところ」がまだ分からないということが現状です。

過去検証や実践でそれを探していく必要はあるのですが、そんな現状で出来ることを考えてみました。

FXのエントリーポイントが分からない人はトレードしないところを決めよう

FXのエントリーポイントになる「有利なところ」「分かるところ」は分からないのですが「不利なところ」「トレードしない方が良いところ」はいくつか思い付きます。

逆説的ですが「不利なところ」「トレードしない方が良いところ」を明確にすることで「有利なところ」「分かるところ」に近づくと考えました。

それらを1つずつ列挙していきたいと思います。

レンジ相場ではやらない

レンジ相場になることはとても多いです。

何時間も長いときは何日もレンジだったりします。そんな時はレンジの上下限で逆張りエントリーしたくなります。

私の場合は取れても数pipsだけだったり、逆に抜けていくことも多くてメリットが少ないと感じています。

そのためレンジ相場ではエントリーしないことにします。

逆張りはしない

逆張りだと損切り位置を近くに置けることが多いです。

私の場合は重要なラインで陰線がでるとエントリーしていました。

損切り位置は直近の高値・安値に置けるので、損切りされても数pipsの損失で済みます。

ただ、勝率がとても悪くトータルではマイナスの成績になっていました。

逆張りはやらずにトレンドフォローに徹しようと思います。

経済指標発表の時間帯はやらない

重要な経済指標発表の時は値段が大きく動きます。

トレーダーとしては大きな値幅が取れるチャンスです。

しかし、どちらに動くかが分からないし再現性も無いためトレードするべきところでは無いかと思います。

予定に無いトレードをしない

勝っているFXトレーダーを見ていると、事前にトレードを計画している人が多いです。

事前にエントリーポイントの候補を決めておくことで、衝動的なトレードをしなくて済みます。また、環境認識の練習にもなります。

私もトレード前に計画を練って計画通りにトレードしようと思います。

計画に無いトレードはやらないということにします。

追っかけエントリーはやらない

経済指標の発表以外でも値段が暴騰・暴落することがしばしばあります。

値段が動くとチャンスだと思ってしまいがちですが、飛び乗ってエントリーすると痛い思いをすることが多いです。

再現性の面からもNGだと思いますので、これもやらないことにします。

押し目・戻り目を待たずにエントリーしない

レンジやラインをブレイクした瞬間にエントリーしてしまいがちです。

「置いていかれたくない」 という気持ちがあるので飛び乗ってしまいます。

エントリー後にそのまま伸びていくこともありますが、すぐに戻ってヒゲになることも多くトータルでマイナスになっていました。

ブレイク後は押し目・戻り目を待ってからエントリーした方が良さそうです。

置いていかれたら仕方ないと諦めようと思います。

トレードしないところであれば意外と簡単に決めることができますね。

まだ勝ちパターンが無い人は、こういった消去法で自分の勝ちパターンを探していった方が近道かもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました