FXのピップス(pips)とは?超簡単に説明します【初心者向け】

スポンサーリンク

FXを勉強しているとpipsという言葉を見ることが多いです。

pipsの読み方はピップスピプスピピと人それぞれでです。

ちなみに私はピプス派です。

今回はFX初心者の方のためにpipsについて超簡単に解説したいと思います。

FXのピップス(pips)とは?超簡単に説明します

結論から言えば、pipsとは値幅の単位です。

1pipsってどれくらいの値幅なの?

pipsを円に換算すると次のようになります。

1pips = 0.01円

10pips = 0.1円

100pips = 1円

つまり「10pipsゲット!」というのは「トレードで0.1円分の値幅を取ったぞ!」ということになります。

注意点
上記は分かりやすさを重視しているのでクロス円通貨の場合です。
クロス円通貨以外は、計算方法が少し複雑になります。

いくら儲かったの?

例えば、利益は次の計算式で求めることができます。

 通貨量 X 値幅(pips) = 利益

1万通貨で10pipsの値幅を取った場合は1,000円の利益が出たことになります。

 10,000通貨 X 0.1円 = 1,000円

pipsが増えれば利益も増えるので、pipsの値は大きいほうが良いということになります。

pipsはどんな使われ方をするの?

具体的にpipsはどういう使われ方をするかを見ていきましょう。

今回のトレードの成績を知って欲しい場合

自分が今回のトレードでどれくらいの値幅を取ることができたかを知ってほしい時に使います。

20pipsゲット!」「100pipsうまー!」と言っている人がいたら「おめでとう!」と言ってあげましょう。

反対に「-200pips・・・」という人がいたら慰めてあげましょう。

具体的な利益を隠したい場合

値幅(pips)だけが分かっても取引した通貨量が分からなければ、その人がどれだけ利益を出したかが分かりません。

利益額は知られたくないけど、どれくらい値幅を取ったかは知ってほしい時に使います。

反対に「50万円ゲット!」と利益額だけをいう人は「利益額はすごいけど、何pips取ったんだよ」と思われています。

トレーダーとしての実力を知らせたい場合

最終的に月に何pips取れたかがトレーダーとしての一種のステータスになります。

「私は月に200pips取れています」というトレーダーは「すごい」と称賛されると思います。もし、その人が10万通貨で取引していた場合は、トレードで月に20万円稼いでいることになります。

まずは月のpipsがプラスになることを目指しましょう

「まずは月にプラスのpipsが取れるようになる」ということを目標にしましょう!

少ないpips数であっても、安定してプラスを出し続ければ資金は増え続けます。

もっと利益額を増やしたい場合は取引通貨を増やせばOKです。

例えば、月に安定して100pips取れるようになったトレーダーが10万通貨で取引すれば月10万円の利益になります。

つまり、月に安定してpipsをプラスにすることが出来れば、利益額は取引通貨量で調整することができます。

まず目指すべきは月に安定してpipsをプラスにすることですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました