FXの損切りしない事での大きなデメリット【初心者向け】

スポンサーリンク

FXのトレードで負けない方法として「損切りしなければ良い」や「値段が戻ってくるまで決済しない」という方法を見たことがあるのではないでしょうか?

確かに含み損が大きくなっても損切りしなければ損失は確定されません。しかし、損切りしない事で大きなデメリットを受けることになります。

今回は、FXの損切りしない事でのデメリットについて考えたいと思います。

FXの損切りしない事での大きなデメリット

値段がいつ戻ってくるかが分からない

損切りさえしなければ、値段が戻ってくるかもしれません。
しかし、いつ戻ってくるかは相場任せになってしまいます。取引タイミングによっては、何年も戻ってこない可能性もあります。

また、マイナススワップの方向に取引していれば、毎日スワップポイント分が損失になってしまいます。

損失の拡大

損切りしなければ、損失がどんどん拡大していく可能性があります。
すぐに損切りしていれば小さな損失で済んでいたのに、気がつけば大きな損失に膨らんでしまいます。取引通貨量によっては、強制決済になってしまうかもしれません。

損失回避の記憶

損切りをしないまま、結局は値段が戻ってきた場合にも問題があります。
資金的には損失は回避できましたが、「損切りしなければ値段は戻ってくる」という記憶が深く刻まれてしまいます。

そうなれば、再び含み損を抱えた時に損切りしなくなってしまいます。今度は値段が戻ってこないかもしれません。

エントリー機会の損失

損切りをしなければ、ポジションを持ち続けてしまうことになります。
それを繰り返していれば、いずれ証拠金が不足して新しくポジションを持つことが出来なくなってしまいます。チャンスが来たとしてもエントリーすることができず、機会損失になってしまいます。

勝ち続けることが出来ない

FXで勝ち続けるトレーダーとなるためには、自分のトレードルールを作り優位性のあるトレードをする必要があります。
損切りをしないトレードというのは、再現性が皆無なのでルールではありません。優位性も無いため、勝ち続けることは不可能です。いずれは資金が無くなってしまいます。

まとめ

大きな含み損を抱えても、損切りをしなければ助かる可能性はあります。
ただ、それは一時的なもので長い目で見れば、貴重な資金を失っていくことにつながります。FXで勝ち続けるためには、損切りにもルールを設定し適切な箇所でそれを実行していく必要があるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました