FXのダブルトップ・ダブルボトムとは【チャートパターン】【フォーメーション】【初心者向け】

スポンサーリンク

FXの勉強をしていると、チャートパターンやフォーメーションというものを見る機会が多いと思います。
チャートパターンとフォーメーションは同じ意味で使われることが多いです。
チャートパターンを覚えることで、立派なエントリー根拠の1つになります。

今回は、最も有名なチャートパターンの1つダブルトップダブルボトムについてのお話です。

FXのダブルトップ・ダブルボトムとは

ダブルトップとは

トレンドが反転するチャートパターンの1つです。
注意点としては、レジスタンスラインや意識されている値段の近くに出てくる必要があります。
そうでない場合は、ただのレンジという可能性が高いです。

ダブルトップ基本

上昇してきた値段がレジスタンスラインや重要な値段で2回止められて山を2つ作ります。その山のネックラインをブレイクした所で売りエントリーすることが基本になります。

レジスタンスラインや重要な値段を2回チャレンジして突破できなかった」と判断するトレーダーが多いため「ロング勢の決済注文」と「売りの新規注文」が集中することで値段が下がっていくという理屈です。

ダブルトップのエントリーポイント

有効なエントリーポイントは上記以外に2つ考えられます。

ダブルトップ戻り目でエントリー

1つ目はネックラインをブレイクした後の戻りを待ち、戻り目でエントリーするという方法です。3回目のチャレンジも失敗したと判断されるので、下がる可能性は高くなります。デメリットとしては、損切りが遠くなることです。
ブレイクの勢いが強い時は、戻り目を作らないことが多いので注意が必要です。

ダブルトップ2つ目の山でエントリー

2つ目はネックラインのブレイクを待たずに2つ目の山の戻り目でエントリーする方法です。損切りが近くに置けるという大きなメリットがあります。そして、ネックラインをブレイクしていった時は大きな値幅を取ることができます。

ただし、ネックラインのブレイクを待っていない分、ダブルトップにならない可能性も高いというデメリットもあります。

ダブルボトムとは

ダブルトップと同様にトレンドが反転するチャートパターンの1つです。
こちらもサポートラインや意識されている値段の近くに出てくる必要があります。

ダブルボトム基本

下降してきた値段がサポートラインや重要な値段で2回止められてアルファベットのダブリューを作ります。そのダブリューのネックラインをブレイクした所で買いエントリーすることが基本になります。

サポートラインや重要な値段を2回チャレンジして突破できなかった」と判断するトレーダーが多いため「ショート勢の決済注文」と「買いの新規注文」が集中することで値段が上がっていくという理屈です。

ダブルトップのエントリーポイント

有効なエントリーポイントは上記以外に2つ考えられます。

ダブルボトム押し目でエントリー

1つ目はネックラインをブレイクした後の押しを待ち、押し目でエントリーするという方法です。3回目のチャレンジも失敗したと判断されるので、上がる可能性は高くなります。デメリットとしては、損切りが遠くなることです。
ブレイクの勢いが強い時は、押し目を作らないことが多いので注意が必要です。

ダブルボトムWの2つ目でエントリー

2つ目はネックラインのブレイクを待たずに2つ目のダブリューの押し目でエントリーする方法です。損切りが近くに置けるという大きなメリットがあります。そして、ネックラインをブレイクしていった時は大きな値幅を取ることができます。

ただし、ネックラインのブレイクを待っていない分、ダブルボトムにならない可能性も高いというデメリットもあります。

まとめ

ダブルトップもダブルボトムも、重要な値段の近くでなければ機能しないことが多いです。また、反転のチャートパターンであるため「だまし」も多くなるので見極めることが難しいです。何度も練習や検証をしてコツをつかみましょう。

上手くエントリー出来れば、大きな値幅を取ることができます。多少勝率が悪くても狙ってみる価値があります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました