FXを低資金で始める前に知っておくべき現実【初心者向け】

スポンサーリンク

通貨量が100通貨や1,000通貨から取引できるFX会社が増えてきました。中には1通貨から取引できるFX会社もあります。1通貨だと、通貨ペアによっては4円ぐらいで取引可能です。

それにより「FXは低資金から始められる!」という言葉を目にすることが多くなりました。
当然、「低資金から始められるなら」と新しくFXを始める人も増えてきています。

さらに、FXにはレバレッジという資金の25倍までの通貨量を取引できる、という仕組みもあります。FXを知らない人は「低資金でも大きく儲けることができる」と大きな期待を持って、FXの世界に参入してくると思います。

今回は、低資金でFXを始めた場合に起こりうる現実と、低資金で大儲けを狙うためにやるべきことについてお話したいと思います。

FXを低資金で始める前に知っておくべき現実

FXは低資金から始められるについて

確かに、FXは低資金から始めることができます。
しかし、少しの値動きで資金が足りなくなり、強制決済されては元も子もありません。強制決済されないためには、取引できるギリギリの資金では無く、余裕のある資金が必要になります。また、1回トレードで負けるだけで、もうトレード出来なくなっては意味がありません。少なくとも10回連続で負けても、トレードできるぐらいの資金は用意しておくべきでは無いでしょうか?

1通貨から取引できるについて

通貨ペアによって、1日に動く値幅は違ってきます。例えば、ドル円であれば1日に20pips〜30pips動いています。100pips動くためには、最短でも4〜5日かかる計算になります。ドル円を1通貨購入して、うまく値段が動いて100pipsの値幅が取れたとしても1円の利益です。

4〜5日かけて、上手くトレードしても利益が1円というのは少なすぎますよね?100通貨でも100円、1,000通貨でやっと1,000円です。FXの練習だと割り切るなら別ですが、FXで利益を求める場合は、少なくとも1,000通貨以上で取引しなければ、満足できる利益を得られないのではないでしょうか?

低資金では大きく儲けることは難しい

レバレッジの力を使ったとしても、低資金では少ない通貨量しか取引ができません。
大きな利益を出すためには、より多くの通貨量で取引する必要があります。多くの通貨量で取引するためには、多くの資金が必要です。

FXは最初からは勝てない

別の問題として、FXは初心者がいきなり勝ち続けることは不可能です。トレードの知識や経験を増やしていくことで、徐々に勝ち続けることができるようになります。

低資金から大儲けを狙うなら

低資金から大儲けを狙うなら、次の段階を踏んでいくのが近道だと思います。

  1. 低資金からFXを始めて、少ない通貨量でトレードをする
  2. トレードの知識とトレードの経験を積みながら、月間トータルでプラスの成績を目指す(その間に資金を貯金し続けておく)
  3. 数ヶ月連続でトータルプラスになれば、貯金しておいた資金をFX口座に振り込む
  4. 大きな通貨量でトレードを始め、大きな利益を出していく

低資金でトレードの経験を積み、勝てるようになってから大きな通貨量でトレードしていくのが現実的だと思います。低資金からFXを始め、10倍、100倍にしていくのは現実的ではありません。

まとめ

  • FXは低資金で始められるが、10回連続で負けても大丈夫な程度には資金が必要
  • 低資金だと利益が出ても少ないので、大きな利益を出すことは難しい
  • FXは最初から勝つことは難しく、勝つためには学習と経験が必要
  • 資金が少ない場合は、FXの学習とトレード経験を積むことに使うのが現実的。勝てるようになってから貯めておいた資金で儲けていくべき

コメント

タイトルとURLをコピーしました