FXのレバレッジのメリット・デメリット【初心者向け】

スポンサーリンク

FXの特徴の1つに、レバレッジがあります。

レバレッジをうまく使いこなすことで、資金を大きく増やすことができます。
反対に、レバレッジをうまく使いこなせなければ、資金を大きく失ってしまいます。

レバレッジを使いこなすことが、FXで資金を増やしていく鍵になります。

FXのレバレッジのメリット・デメリット

レバレッジとは

つまりFXのレバレッジとは、少ない資金で大きな通貨量を取引できるということです。

国内FX会社のレバレッジ25倍というのは、自分の資金に対して25倍までの通貨量を取引できるということになります。
例えば、10万円の資金があれば、最大250万円分の通貨量が売買することができます。

レバレッジのメリット

「少ない資金で大きな通貨量を取引できる」というのがレバレッジ最大のメリットです。

例えば、レバレッジ10倍でFXのトレードをした場合、資金に対して10倍の通貨量をトレードすることができます。
10倍の通貨量でトレードしているので、通貨ペアの値動きによる利益も、資金に対して10倍になるということです。
レバレッジを使わずにトレードした場合に比べて、利益が10倍になります。

レバレッジの分だけ利益が倍増

資金に対して、大きく利益を出していくためには、レバレッジが大いに役立ちます。

レバレッジのデメリット

実は、レバレッジのデメリットもメリットと同じです。
「少ない資金で大きな通貨量を取引できる」というのが、デメリットになります。

例えば、レバレッジ10倍の通貨量でトレードした場合の事を考えてみましょう。
自分にとって、有利な方向へ値段が動けば、利益が10倍になります。
反対に、不利な方向へ値段が動けば、損失も10倍になってしまいます。

レバレッジの分だけ損失が倍増

レバレッジを大きくすれば、損失になった場合の金額が大きくなってしまいます。
メリットが、そのままデメリットにもなってしまう、というのがFXのレバレッジです。

レバレッジのデメリットをコントロールする

でも、安心してください。
レバレッジのデメリットは、自分でコントロールすることができます。

結論から言えば、損切りをすることで、損失を小さく抑えることができます。
例えば、レバレッジ10倍の通貨量でトレードした場合の事を考えてみましょう。
トレードの前に、損失になった場合の上限を決めておき、そこに損切り注文(決済注文)を入れておくことで損失をコントロールすることができます。

例えば、-3,000円になったら損切りをする場合、-3,000円になる値段に損切り注文を入れておけばOKです。

損失をコントロールする

損切りを、うまく使うことで、レバレッジのデメリットを最小限にすることができます。
レバレッジを使いこなして、資金を増やしていきましょう。

まとめ

  • FXのレバレッジは、少ない資金で大きな通貨量を取引できる仕組み
  • レバレッジのメリットは、少ない資金で大きな通貨量を取引できることで、利益を大きくできる
  • レバレッジのデメリットは、少ない資金で大きな通貨量を取引できることで、損失が大きくなる
  • 損失額を決めておくことで、損失を小さく抑えることができる
  • FXのレバレッジを使いこなせれば、資金を増やしていくことができる

コメント

タイトルとURLをコピーしました