FXの初心者が感情的になってやってしまう失敗例

スポンサーリンク

トレーダーは人間なので感情的になってしまう事があります。
ただ、感情的になってしまうと絶対に負けてしまうのがFXの世界です。

勝てるトレーダーは、例外無くトレードのルールを作っています。
トレードのルールを作る理由は「感情の入り込む余地を無くすため」です。
そのため、既に勝てるようになっているトレーダーにとっては、感情はすでに問題では無くなっています。

しかし、まだ道半ばのトレーダーにとってはトレードのルールが出来上がるまで、感情をコントロールする必要があります。
感情的になっていたとは後で気付くことが多いので厄介です。

今回は、感情的になった時にやってしまう失敗例をリストアップしました。
この失敗例と同じことをやっている時は感情的になっていると言えます。
そんな時は、一旦トレードを中断して冷静に状況を確認する必要があります。

FXの初心者が感情的になってやってしまう失敗例

チキン利食いしてしまう

含み損や含み益に心が振り回されている状態になっています。
ロット数が多いことが原因の場合があります。
早く稼ぎたいという気持ちを抑えて、まずは月のトータルでプラスを目指すなどのイメージできる目標を目指しましょう。

チキン利食いについては、次のリンク先の記事でも触れています。
良ければ見ていってください。

FXのチキン利食いの原因と対策【初心者向け】【薄利決済】
少しの利益しか出ていないのに我慢できずに決済することをチキン利食いと言います。チキン利食いをした後に限って、利益がどんどん伸びて行ってしまうなんて事が多いのではないでしょうか。今回は、そんなチキン利食いについてのお話です。FXのチ...

リベンジトレードしてしまう

損失を取り戻したいために感情的にトレードしている可能性があります。
感情的にトレードしているため、エントリーの根拠が少なかったり思い込みだったりすることが多いです。

根拠の少ないトレードなので、リベンジトレードも負けることが多いです。
さらにリベンジトレードを繰り返して、大切な資金を失っていくことになります。
ロット数を増やしていれば、さらに状況は悪化します。

負けが続いている場合は、次のトレードまで時間を開けたりその日のトレードを中止したりするルールを作ることが効果的です。

含み損が大きくなりすぎて損切りできなくなる

損切りは損失を確定する行為です。
いつか戻るだろうと保持し続けると許容できないぐらいの含み損に膨らんでしまうことは良くあると思います。

損切りラインを決めてからエントリーしましょう。
それでも損切りが出来ない人は、損失を確定する逆指値注文を入れておきましょう。

損切りについては次のリンク先の記事でも触れています。
良ければ見ていってください。

FXの損切りの目安や損切りしないスタイルについて【初心者向け】
FXのトレードを勉強していると嫌というほど「損切り」という言葉を目にすると思います。損切りは固定で20pipsぐらいが良いとか、直近の高値・安値が良いとか、そもそも入れなくて良いとか、結局どれが正解なの?となってしまいます。今日はそ...

ポジポジ病になってしまう

トレードしなければ利益を出せないのがFXです。
利益を出したいあまり、エントリーする根拠を無理矢理作ってトレードしてしまっています。

トレードが成功する根拠が少なく、トレードがしたくてエントリーしているだけなので負ける事が多くなります。
勝っているトレーダーほどエントリー回数は少ないです。これはチャンスも少ないということを意味しています。

「せっかく時間を作ってチャートを見ているのだからトレードしたい」「勉強したのだから利益を出したい」という気持ちは抑えてチャンスが無ければ見送るという決断も必要です。

まとめ

感情的になっている時はトレード回数が増える傾向にあります。
本当にエントリーするべきなのかを良く考えましょう。

再現性のあるエントリーを繰り返さなければ、いつまで経っても運任せのトレードになってしまいます。感情的なトレードを排除して、勝てるトレーダーを目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました