FXの初心者は逆張りをしない方が良い理由【順張りのみ】【初心者向け】

スポンサーリンク

FXには、大きく分けて順張り逆張りの2通りのエントリー方法があります。
順張りはトレンドに沿ったエントリー、逆張りはトレンドに逆らったエントリーです。

順張りにも、逆張りにも、それぞれメリットとデメリットがあります。FXトレーダーは、この2つのエントリー方法を使いこなしていくことで、大きく利益を上げていくことができます。ただし、それぞれの特徴を考えると、FXの初心者は逆張りをしない方が良いと言われています。

今回は、FXの初心者は逆張りをしない方が良い理由について考えてみました。

逆張りのメリット、デメリットについては次のリンク先で解説しています。

FXの逆張りのメリット・デメリット【長所・短所】【初心者向け】
FXはトレンドに沿ってエントリーすると勝率が上がると言われています。トレンドに沿ってエントリーすることを順張りと言います。トレンド相場については、次の記事が参考になると思います。良ければ見ていってください。反対にトレンドに逆...

FXの初心者は逆張りをしない方が良い理由

逆張りは難易度が高い

トレンドに沿ったエントリーを行う、順張りに比べると、逆張りは難易度が高いです。

基本的に、逆張りは「トレンドの反転」を狙ったエントリーになるため、天井や底を見極めていくということになります。天井というのは、上昇トレンドの終了地点で、底というのは、下降トレンドの終了地点という意味です。

天井

底

トレンドの終了を見極めるということが、非常に難しく初心者向きではありません。

反転と押し目・戻り目の区別がつきにくい

反転なのか?押し目・戻り目なのか?の区別がつきにくいです。
反転したと判断してエントリーしても、押し目・戻り目でエントリーしていた、ということが多発します。

押し目で売りエントリー

経験を積んだトレーダーで無ければ、見極めるのは難しいでしょう。また、判断が間違っていた場合でも、経験を積んだトレーダーであれば、うまく損切りすることができます。

上値だめし、下値だめしが複数回起こりやすい

天井や底では、順張り勢が上値や下値を試すことが多いです。
エントリーのタイミングを間違えると、長時間捕まってしまうことが多くなります、最悪の場合、そのまま損切りになります。

上値だめしが複数回起こりやすい

天井や底では、シビアなエントリータイミング、捕まる覚悟や精神力が求められるため、初心者にはオススメできません。

どうしても逆張りしたい場合は

どうしても逆張りをしたい場合は、5pips〜10pips程度で決済する、スキャルピングのつもりでエントリーすることをオススメします。

大きな値幅を取ることを期待せずに、反転後の数pipsを取るという手法であれば、勝率が高まります。また、ダブルトップダブルボトムが作成されるまで待つ、ということも有効です。

ダブルトップ・ダブルボトムについては、次のリンク先で解説しています。

FXのダブルトップ・ダブルボトムとは【チャートパターン】【フォーメーション】【初心者向け】
FXの勉強をしていると、チャートパターンやフォーメーションというものを見る機会が多いと思います。チャートパターンとフォーメーションは同じ意味で使われることが多いです。チャートパターンを覚えることで、立派なエントリー根拠の1つになります。今...

まとめ

FXの初心者の逆張りは、次の理由からオススメできません。

  • 逆張りは難易度が高い
  • 反転と押し目・戻り目の区別がつきにくい
  • 上値だめし、下値だめしが複数回起こりやすい

どうしても逆張りでエントリーしたい場合は、数pipsだけを取るスキャルピングのつもりでエントリーするか、ダブルトップ・ダブルボトムが作成されるまで待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました