FXの強制ロスカットとは何だろう?どういう意味?【初心者向け】

スポンサーリンク

FXを始める時は、良く分からない言葉が多くて不安になりますよね?
特に負のイメージを持つ言葉だと、なおさら不安になります。負のイメージを持つ言葉の中でも、強烈な言葉が「強制ロスカット」ではないでしょうか?強制決済という名前で使われることもあります。

今回は「強制ロスカットって何?」という方のために、分かりやすく説明させていただこうと思います。

FXの強制ロスカットとは何だろう?どういう意味?

証拠金とは?

まず、証拠金について説明させてください。

証拠金とは簡単に言えば、FXの口座に入金しているお金のことです。
FXの口座に5万円を入金していれば、証拠金は5万円ということになります。

証拠金

レバレッジとは?

FXには「レバレッジ」という仕組みが用意されています。
レバレッジは、資金よりも多くの取引ができる仕組みです。国内のFX会社であれば、レバレッジは25倍という会社が多いですよね?
例えば、証拠金が5万円の時だと「5万円 X 25倍 = 125万円」となり、125万円までの取引ができるということになります。

いくらまでの取引ができるかは、証拠金で決まるということになります。

レバレッジ25倍

強制ロスカットとは?

では、本題の強制ロスカットです。
強制ロスカットとは、証拠金が足りなくなった時に、FX会社が自動的に損失を確定してしまう仕組みのことです。

証拠金が足りなくなった時、とはどういう状況でしょうか?
例えば、次の状況のときのことを考えてみましょう。

  • 証拠金は5万円
  • 100円のドル円を1万通貨買った

この時を図で表現すると、次のようになります。

5万円を証拠金に1万通貨を買った

証拠金5万円なので、125万円分までの取引が可能です。
今回は、100円のドル円を1万通貨を買いました。「100円 X 1万通貨 = 100万円」価格は100万円なので、問題なく買うことができました。

その後、状況が変わり100円だったドル円が99円になった場合、どうなるでしょうか?
図にすると、次のようになります。

ドル円が99円に下がった

ドル円が99円になったので、100万円分の価値があったドル円が99万円分の価値に減ってしまいました。差額の1万円が含み損として証拠金に反映されることになります。5万円あった証拠金から、含み損の金額が引かれることになりますので「5万円 – 1万円 = 4万円」証拠金は4万円に下がってしまいました。

証拠金が4万円に減ってしまったということは、「4万円 X 25倍 = 100万円」100万円分の取引しか出来なくなってしまいました。現在、99万円分の取引をしているので、ギリギリ証拠金は足りています。

ですが、ドル円が99円よりも下がっていった場合は、証拠金が足りなくなってしまいます。
証拠金が足りなくなると、すぐに強制決済が実行されて含み損分の損失が確定します。

以上が、強制決済の仕組みになります。
実際は、強制決済のルールがFX会社ごとに違います。必ず、自分が取引するFX会社のルールを調べておきましょう。

強制ロスカットを避けるには?

強制ロスカットを避けるには、以下の3つの方法があります。

  • 証拠金を増やす
  • 取引通貨量を減らす
  • 手動で損切りする

まとめ

  • 強制決済は、証拠金が不足することで実行される
  • 強制決済のルールは、FX会社ごとに違う
  • 証拠金を増やす、取引通貨量を減らす、手動で損切りする、などで強制決済を回避する

コメント

タイトルとURLをコピーしました