FXの色々な時間足を使いこなそう【初心者向け】

スポンサーリンク

FXでは色々な時間足が用意されています。
1つの時間足しか使っていないという人は、恐らく月トータルではマイナスになっているのでは無いでしょうか?
各時間足をうまく使いこなすことで勝率が上がっていきます。反対に1つの時間足しか見ていない人はどれだけ頑張っても勝てないと思います。

各時間足をどう使いこなすかに正解はありません。各トレーダーによって使い方は様々です。とはいえFXの初心者の人は、何か基準のようなものが無いと取り組むことが難しいと思います。そこで今回は、各時間足を私がどう使っているかをご紹介しようと思います。少しでも参考になれば嬉しいです。

FXの色々な時間足を使いこなそう

月足・週足

月足は月の初めに1度、週足は週の初めに1度確認します。
トレードに利用するというよりも、大きな時間足での値動きがどうなっているかを確認しています。環境認識で使用しているイメージです。

日足・4時間足

日足は前日までの動きを見るため、朝に1度確認します。4時間足は出来れば確定したタイミングでその日のトレンドを見るため、確認しています。少なくともトレード前には必ず確認します。

1時間足

私は1時間足でエントリーの判断をしています。
例えば、レジスタンスラインをブレイクしたかどうかを判断する場合は1時間足の確定を待って判断します。1時間足が確定して実体がレジスタンスラインをブレイクしていれば高値が更新されたと判断します。

 

1時間足確定でブレイク

 

反対に1時間足が確定されたタイミングで実体がレジスタンスラインを更新していなければ、ブレイクしていないと判断します(ヒゲになっていたらブレイクしていないと判断)。

 

1時間足確定でブレイクできず

 

1時間足は短期トレーダーや長期トレーダーに関わらず、ほとんどのトレーダーが注目している足です。その足でブレイクしたかを判断することは理に適っていると思います。

15分足・5分足・1分足

エントリーのタイミングを計るときに使います。この足の動きを見て注文ボタンを押しています。例えば、5分足で押し目を付けたらエントリーや15分足でレンジブレイクしたらエントリー、といった具合で使っています。
私は基本的に5分足でのエントリーが多いです。1分足だと動きが早すぎて、15分足だと動きが遅すぎる印象です。5分足が丁度いいと感じています。

まとめ

大きく分けると、長期足は環境認識に使用、中期足をエントリーの判断に使用、短期足はエントリーのタイミングを計るときに使用、といった具合で使っています。
これは、私の使い方ですがオーソドックスな使い方だと思います。少なくとも熟練のトレーダーは複数の足を利用してトレードしています。同じように複数の足を使い分けることが、トレーダーとして成長することへの近道ではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました