FXの初心者の適正ロットはどのくらい?何ロット?【通貨量・枚数】【初心者向け】

スポンサーリンク

FXを勉強し始めたばかりだと分からないことだらけですよね。

人によって違ったり自由度が高すぎることが多すぎて困惑してしまいます。

利益や損失に直接影響のある適正ロットもその1つですよね。

今回は、そんな適正ロットにつてのお話です。

FXの適正なロットはどのくらい?何ロット?

ロットという単位について

FXでは「ロット」とは取引数量のことです。

実は1ロットの数量がどれくらいかはFX会社によって違います。

大きく分けると次のようになります。

国内FX会社

1ロット = 1万通貨

海外FX会社

1ロット = 10万通貨

国内FX会社と海外FX会社で1ロットの数量が違っています。

そのため、今回はロットという言葉は使わずに「1万通貨」や「10万通貨」と表現させてもらいます。

FX初心者の適正なロットはどのくらいなのか?

FX初心者の場合は「練習トレード」と「本番トレード」の2つの状態があると思います。

ほとんどの人は、「練習トレード」でうまく勝てるようになってから「本番トレード」をするという手順を踏むのではないでしょうか?

この2つの状態では、適正な通貨量は変わってくると思います。

練習トレードの適正なロット

練習トレードはデモトレードを勧める人もいますが、私は練習トレードも実際に自分のお金をかけてやった方が良いと思います。

FXはエントリーした通貨ペアの値動きによって、含み損になったり含み益になったりと状況が変化していきます。

トレードの技術と同時に、含み損や含み益に動じない精神力も鍛える必要があります。

そのためにも、緊張感の無いデモトレードよりも実際に自分のお金をかけたトレードをした方が良いです。

その上で練習トレードのロットは「1,000通貨」が適正ロットだと考えます。

FX初心者であれば、損切りは最大20pips程度にしていると思います。ドル円であれば「1,000通貨」の「20pips」だと200円になります。

1回の練習トレードで負けると、最大200円の損失になるというのは良いラインではないでしょうか?

但し、200円の損失に何も感じない人の場合は 「1万通貨」ぐらいの方が良いかもしれません。「1万通貨」で「20pips」だと最大2,000円の損失になります。

本番トレードの適正なロット

本番トレードでの適正なロットですが、当然これは人によって違います。

目安としては自分が1回のトレードの損失として耐えられる金額から逆算していくのが良いでしょう。

例えば、1回のトレードの損失として耐えられる金額が1万円だった場合は5万通貨になります。5万通貨で20pipsの損失で1万円になります。

このようにロットから考えるのでは無く、許容できる損失額から逆算してロットを決めたほうが結果的に適正なロットになることが多いです。

資金が増えてきた場合にも同じように求めることができるので効率的です。

まとめ

練習トレードでの適正ロットはなるべく少ないほうが良いでしょう。但し、精神力を鍛えるためにも少しは緊張感が持てるようなロットであるべきです。

本番トレードの適正ロットは人や資金力によって違ってきます。

その場合は許容できる損失額から逆算して適正ロットを求めるという方法が効果的です。ロットから考えてしまうと許容できない損失額に膨らんでしまう危険性があります。許容できない損失額に膨らんでしまうと、損切りができなくなったりと精神的に追い詰められてしまいます。

適正ロットは、許容できる損失額から逆算して求めることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました